Katsuiku Academyのミッション

社会とともに、
自らのイキイキを追求する

「イキイキと生き続ける」とは、画像のサイクルを
回し続けることができていることであると定義しています。

  1. 自分が夢中になれる領域を自分で
    見つけることができている
  2. アウトプットを出すために
    主体的に継続学習している
  3. 学習した内容をもって
    チャレンジができている
  4. チャレンジした内容から
    アウトプットと学びを生み出している
  5. 出したアウトプットと学びが
    夢中になっている領域に貢献できている
  6. アウトプットと学びで、
    更に夢中になる(→1. へ。)
イキイキする人材の育成

イキイキする人材とは、
人生の「舵」を
自らで握る人材。
その人材の教育において
大事にしていることは:

オーナーシップ+チャレンジ
 (個人)

 

エンパシー+共感
 (対人)

 

ペイフォワード+社会貢献
 (社会)

 

以下の三つの要素に
充実した教育を
提供することによって、
上が備わっている人材を
育んで参ります。

Challenge(挑戦)

 

Communication(協調性)

 

Contribution(貢献)

過去の生徒の成長例
2017年の夏キャンプに参加し、自分の強みや課題を見つめ直す機会となり、自分の道を切り拓くための行動を始める。
Katsuiku Academyの海外大学進学サポートを受講し、第一志望の米国の四年制大学に合格し、大学からの希望の奨学金も獲得。
2018年の春キャンプに参加。日本中の教育関係者を訪れるために全国各地へ行き、中高生向けに講演会を実施。
2018年の夏キャンプにはファシリテーターとして参加し、中高生の参加者の学びをサポートする役割で活躍。