下向 依梨

株式会社roku you 代表取締役 / 一般社団法人 日本SEL推進協会 代表理事
慶應義塾大学総合政策学部在学中、社会起業家育成のパターン・ランゲージを開発、出版。その後、米国・ペンシルベニア大学教育大学院で発達心理学(Social Emotional Learning)において修士号を取得。帰国し、東京のオルタナティブスクール(小学校)で教鞭を執る。算数・英語を中心とする教科を教えながら、探究学習のカリキュラムづくりと、SELベースのプログラムの開発に従事。現在は、教育クリエイターとして、教育委員会のコンサルティングや若者向けのみならず、シニアに向けた「学び探究する面白さ・楽しさ」を感じる教材づくりに従事。Katsuiku Academyではカリキュラム等のアドバイザーを務める。

下向依梨さんインタビュー(後編)

新型コロナの感染拡大で、外出自粛の日々が続き、今までのライフスタイルががらりと変わる変革期をむかえています。働き方、勉強方法など既存の概念から脱皮し、新しいマインドやスキルを身に着け、活用することが社会で求められています。下向依梨さんの前回のインタビュー「 SELを通して世界で活躍するチェンジメーカーを増やしたい 」では、不確実性の高まる世界で求められるチェンジメーカーの必要性についてお話を伺いました。今回のインタビューでは、SELを学校や家庭でどのように活用すればいいのか具体的な事例やアドバイスをいただきました。

企業・通信高校でSELを広める事例

日本におけるこれまでの実践的な取組について教えてください。

SEL具体事例下向依梨

今まで私は様々な高校や大学などの学校、企業などでSELを広める活動をしてきました。依頼側のニーズとしては、学校の雰囲気を良くしたい、ギスギスした雰囲気を改善したい、全ての人が受け入れられているという雰囲気をつくりたい、他者と協働して何かを成し遂げられる力を身につけて欲しいなど様々です。

具体的にどんなことをしているのかというと、分かりやすい例で通信高校の事例を共有したいと思います。通信高校には様々なバッググラウンドをもっている生徒が数多くいます。過去にいじめや、ひきこもりを体験している人も多く、対人関係の課題をもっている人が多いという印象があります。そこから生まれる学校全体としての課題としては、何かチームで協働してプロジェクトを進めようとしても、中々上手くいかない、最悪、チームが崩壊してしまうということです。

上手くいかない理由は学校や学年、クラスによって様々なのですが、基本的なこととして、チームやクラスの中に心理的安全性がない(心理的安全性に関してもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。チームワークとは?効果的なチームが持つ心理的安全性とは?)ということがあげられます。素直に自分の意見を言えない、言ってもクラスメイトに聞いてもらえない、批判される、自分の意見に固執してメンバーの意見に耳を貸せないなど。また別の問題としては、自己肯定感が低いと、自分にさえ興味をもてず、自分が今どんな気持ちなのかをしっかりと感じとれないといったことがあります。その場合、他者への興味関心も低くなり、チームで協働して何かをするということは非常に困難になります。

そこで私はまず、自分自身に興味をもってもらう、自分の気持ちを感じてもらうところからスタートしています。そして少しずつ自分の意思を引き出していく。それが自分を超えて、興味関心の範囲が周囲に広がっていくことを意図してプログラムを作っています。ただ私は、実際に学校の現場に入って直接生徒を指導するわけではなくて、教員研修という形で、先生方を研修する方法を取っています。研修を受けた先生達は、現場で実践してみて、その後は月に何時間か先生達とコンタクトを取りながら、現場の進捗を確認したり、適宜アドバイスをするなどして長期的に支えて行く仕組みを整えています。

SELに基づいたグラウンドルールを作る

実際にはどんな成果が出ているのでしょうか?

SEL下向依梨

私はまずはみんなが心理的安全性を感じられるように、グラウンドルールを作ることを推奨しています。グラウンドルールとは、簡単に言えば約束事ですね。例えば、「時間を守る」「人の話をさえぎらず、最後までしっかり聞く」「人の意見を批判しない」などです。このルールをみんなの共通認識として浸透させていく。すると、次第に他者の意見を受け入れることができるようになったり、興味をもって他者と関われるようになったという声を現場からいただくようになりました。ただ、SELを学ぶことでどんな成果が出るのかというのは、何をゴールにするのかにもよりますし、定量的な評価が非常に難しいと思っています。究極的にはその人がどれだけ今の自分の状態を伝えることができるか。そして他者の思考や気持ちを多面的にどれだけ理解できたかということだと思っています。その過程が分かる特に印象的だった事例を共有したいと思います。

【事例(Aさんのケース)】

Aさんは、パニック障害を持っていて、人前に怖くて出れない、クラスに入れない子でした。SELの授業の中で、「自分が今まで持っている課題でどうにかしたいと思っていることはありませんか?」という問いが投げかけられました。Aさんは、「大勢の人がいる中で歩いたり、話せないこと」が自分の課題であることに気付き、それをそのままプロジェクトにしたんです。題して「渋谷のスクランブル交差点を一人で渡り切るプロジェクト」

Aさんは、今まで人混みの中で歩いたり、話したりすることがなんとなく怖いと思っていました。しかしこのプロジェクトを通して、「何が一体怖いのか、自分は何を恐れているのか」自分でその時に感じる感情の分析をするようになったんです。そこでAさんは「自分は人に見られているように感じるから怖いんだ」と気付くことができました。つまり「人に見られていない」と感じられれば平気なはずだと気付いたのですね。

Aさんはそれからトライ&エラーを繰り返して次第にその課題を克服していき、ついに渋谷のスクランブル交差点を一人で歩き切ることに成功しました。これは歩ききった、つまり課題を克服したから成功という意味ではありません。SELのプロジェクトを通して、自己認知を深めていき、課題の仮説をたて、それに基づき何度も行動と分析を繰り返していく。この過程を経てセルフマネジメントが高まっていくんです。Aさんはその後、クラスの前で堂々とこのプロジェクトについて語ることができました。

SEL具体事例下向依梨

親自身がまず実践。子供を一人の人間として尊重する

― 子供達が家庭でもSELを身に付けられるように親としてはどのようなサポートができるのでしょうか?また、親として、どんなことを意識するといいでしょうか?

私は、「感情」というのは、その人の中にある感情システムのことだと思っています。感情だけではなく、社会で起きていることも全てシステムとして捉えることができます。

まずは、親御さんご自身が自分のためにできることは何かを考えてほしいと思っています。

仕事や子育て、パートナーとの関係など親御さんご自身が日々生活する中で、様々な感情を味わっています。忙しさに追われているとついつい自分の感情をおざなりにしがちです。そこでまずは、ご自身で自分の感情や気持ちを受け止めてみてほしいのです。

「パートナーに言われたこの一言で私はとても傷ついた。こうやって受け止めて欲しかった。」

「どうやって子育をしたらいいか分からず私はとても不安になっている。誰かに大丈夫だと言って欲しい」

注意深く見ていくと、ご自身の感情やニーズに少しずつ気付いて感じられるようになります。このように自分自身がまずは感情システムの構造を理解するという過程を経なければ、子供達の伴走はできません。子供達はそのことをとても敏感に感じ取っています。

「親自身がまず実践。子供を一人の人間として尊重する」下向依梨

その上で、お子様を自分とは全く別の人格を持った、一人の人間として尊重することが大切です。

「この子は何を大切にしているのだろう。何を感じているだろう。」

決めつけることなく、その子の感情や気持ちをそのまま受け止めてあげてください。

「なんでそんなことを考えるの?」と責めるのではなく「そうなんだね。そう感じたんだね」とただただ受け止める。その上で、その子が次に進みたがっているように感じられたら「どうしたい?どうなっていたら理想かな?」とそっと背中を押してサポートしてあげることもできます。

忙しくて子供とゆっくり向き合う時間がない場合どうしたらいいですか?という質問もよく受けるのですが、かけた時間よりも、どれだけ子供と向き合おうと思ったかの方がはるかに大切ですし、それは子供も感じ取ります。なので、1日5分でもいいので、向き合って対話する時間を作って欲しいと思います。

子どもを一人の「個」として認める

えりさんご自身はどのような家庭環境で育ったのでしょうか?

両親はとにかく幼いころから、私を一人の「個」として認めてくれていました。

その実感が自分にはすごくあります。それは両親から「私達はあなたを子ども扱いしないよ、一人の人間として見てるよ。だからちゃんと自分で考えなさい。」と直接言われてきたのもありますし、日々の言動や態度からも感じていました。例えば「何を着たい?」「今日は何をしたい?」「あなたはこれについてどう思う?」とちょっとしたことでも自分の意思や感情を聞いてくれているという実感と、そこに自分の意思がちゃんと反映されてきたという感覚があったからです。

また両親の方も、親として納得できないことがあると、「私達はこういう理由で良くないと思っているよ。」「その出来事にはこんな違和感を感じるよ。」など両親自身が自己認識能力が高く、気持ちや感情を素直にシェアしてくれていたというのも大きかったと思います。なので、自然と自分の感情、意思を大切にする習慣が家庭で身についたと思います。

「子どもを一人の「個」として認める」下向依梨

SEL普及のために

最後に一言お願いします。

「SEL普及のために」下向依梨

SELを学ぶのに遅すぎるということはありません。どんな人でもいつからでも間に合います。ただ1点、意思とコミットメントが必要です。自身の感情と向き合うというのは、決して楽しいことばかりではありません。時として痛みを伴います。自分の中で味わい切れていない感情(特に家族、親子関係、パートナーとの関係など)と向き合う必要性が出てくるかもしれません。ただ注意したいのは、戻ってこれないぐらい深く感情やニーズを掘り下げる必要はないということです。
大事なのは、自分の感情に気付き、受け止めることで自分にも他人にも優しくなれるということ。それが社会に広がっていけば、どんな予測不能なことが起きたとしても共に共感し合い、行動を起こせる人が増え、社会はより良いものになっていくと思います。私はそれを信じてこれからもSELの普及に努めていきたいと思います。

まとめ

世界はますますVUCAの様相を呈しています。そんな時代において、私達はより複雑な社会構造を理解し、新しいものを作り出す力、クリエイティビティが求められます。そういった複雑な問題、社会課題に対してソリューションまで行動に落とし込める人材になるには、まずは自分自身の複雑な感情構造を知るということが大切だということが分かりました。自分自身を知ること、それが家族、友達、地域社会へと繋がっていき、それが社会構造の理解、複雑な構造を捉える力になるのですね。今後SELは、社会の中でますます重要な役割を果たしていくと感じました。下向依梨さん、インタビューにご協力いただきましてありがとうございました。