ミーティングやグループ作業で中々いいアイデアが出てこない。
何個もアイデアを出しても同じようなアイデアになってしまい、面白い解決策にたどり着けない。こんな状況を体験したことはありませんか?

今回のブログでは創造的なアイデアの出し方について紹介します。
ぜひアイデアを出す次の機会に試してください。

アイデア出しはぶっ飛んだアイデアから

面白いアイデアを出そうと考えても、どうしてもありきたりのアイデアしか出てこない。ユニークなアイデアを絞り出すのに苦労する方が多いのではないでしょうか。

では、奇想天外なアイデアを生み出すためにはどのようなプロセスが効果的なのか。

スタンフォード大学のジャスティン・バーグ氏の研究でアイデアのプロセスについてヒントが見られます。

彼の研究では、被験者の学生たちに「就職試験の面接で使える新製品」のアイデアを出してもらいました。

Aグループに対しては三つの穴で書類を留めるごく普通のバインダーを見せてからアイデア出しをしてもらいました。彼らが思いついたのはレジュメや名刺を入れるポケット付きのフォルダー等のアイデアとなり、これらのアイデアを書店のオーナーや顧客が評価しました。このグループのアイデアは、とても普通なアイデアという評価が下されました。

一方でBグループはスタート地点として、ローラースケートのような例を出した上で同じお題に対してアイデア出しをお願いしました。すると面接官から目を離さないでも済むように時計を見なくても時間がわかる腕時計などのクリエイティブなアイデアが生まれました。書店のオーナーや顧客からの評価ももう一つのグループと比べてユニークさにおいて37%高い評価を受けました。

アイデア出しは普遍的なアイデアよりもぶっ飛んだ、一見関連性が見えないところから始めることで常識にとらわれずアイデアを出すことができます。

Crazy Ideasが求められる

ただ奇抜なアイデアでは使えない!実用性を備える方法

ただ奇抜なアイデアを産むだけでは実行可能なアイデアにならない可能性もあります。

バーグ氏の研究もこちらの点に触れております。バーグ氏はまた別のグループにローラースケートの例を出し、常識を外れたスタート地点からアイデア出しを始めさせました。ただ今回はある程度のアイデア出しが行われた後に面接の場面でよく人々が使用する製品の写真をいくつか見せました。そして、その写真を見た上で、アイデアをさらに洗練するように指示を与えました。すると被験者が磨き上げたアイデアの実用度に関する評価は平均で14%も向上しました。ユニークさという評価を落とさずに実用度の評価が上がっていたと発表されています。

常識を外れたスタート地点から入り、途中で普段から使われている商品などを見せることでユニークでありながらより実用性が高いアイデアが産むことができます。

ポストイットで埋まっている壁、アイデアが溢れている

質よりも量!とりあえずたくさんのアイデアを出す

ユニークでありながら実用性も併せ持ったアイデアを出すプロセスを見ましたが、どれくらいのアイデアを出せばいいのか。一人でアイデアを出す際には1時間ほど時間をかけて、20-30個ぐらいアイデアを出せば達成感を感じる方も多いのではないでしょうか。

オリジナルなアイデアを出す人々や創造力に関して研究を行なっているペンシルバニア大学ウォートン校のアダム・グラント氏は創造力に溢れたアイデアを出すためには200個のアイデアが必要だと発表しています。

創造的なアイデアを生み出すにはまず質ももちろん大事ではありますが、量を出すことが重要です。例えば、みなさんはモーツァルトやベートーヴェンの曲をどれくらいご存知でしょうか。有名どころをあげても、それぞれの作曲家で多くても10-20曲ぐらいしか出ないのではないでしょうか。彼らが生涯に作曲した数は500以上だと言われています。何百も作っていく中でいくつかの名作が生まれているというのが見受けられます。

また、映画制作の場面でもたくさんのアイデアを出すことが重要視されています。大ヒットシリーズとなったアニメ映画のカーズに取り掛かる前に制作会社のピクサーは500以上の脚本をみた上で選んだと言われています。

たくさんのアイデアを生み出すことで創造的なアイデアが産まれます。次回アイデア出しを行う際には数十個で満足せず、少なくとも200個のアイデアを目指してください。

アイデアが人から人へと繋がっていく

他のアイデアを真似て、そこから自分の工夫を加える!

しかし、創造的なアイデアを0から生み出すのは大変な作業であることは間違いありません。特にアイデアが溢れかえっている現代社会で本当に独創的なアイデアと言えるものは限られているのではないでしょうか。

成功を収めるためには常に自ら0からのアイデアを生み出すのではなく、他の人のアイデアに積み重ねて工夫をする方法も有効的な手段です。

市場開拓において、新しい市場を作り上げるために一番乗りになること(First Mover)で大きな利益を得られると言われています。新しい市場を作る上で早い段階で動くことで得られる利益はもちろんあると思います。ただ、開拓者として新しい市場を作ろうと動いた組織とその後にアイデアを改善させて乗り込んだ組織のデータを見ると面白い傾向が見られます。開拓者の失敗率は47%と高い数字ですが、その後にアイデアを改善した上で乗り込んだ組織の失敗率は8%と大きくリスクを軽減していることが研究で発表されています。

創造的なアイデアとは0から生み出すだけではなく、他のアイデアをさらに改善させることも効果的です。

独創的なアイデアをもち、世界に大きな影響を与えたスティーブ・ジョブス氏の若かりし頃の有名な発言があります。彼はあるインタビューでピカソの言葉を紹介しています。

“Picasso had a saying “Good artists copy, Great artists steal’. And we have always been shameless about stealing great ideas.”

『ピカソの発言でこのような言葉があります「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」。だから僕たちも素晴らしいアイデアを盗むことを恥じることはなかった。』

アイデアを必ずしも0から生み出すのではなく、すでに存在するアイデアを活用しながら、それらに自分の工夫を積み加えていくのも有効的な考え方です。

今回ご紹介した創造的なアイデアにたどり着く方法をみなさんにも試していただきたいと思います。

創造的なアイデアを出す方法を身につけるプログラムにご興味がある方はぜひこちらのページをご覧ください。

[参考]
アダム・グラント
独創的な人の驚くべき習慣
https://www.ted.com/talks/adam_grant_the_surprising_habits_of_original_thinkers?language=ja